2020年05月22日

コロナ禍がもたらしたもの

コロナ禍もいったんは収束しそうな気配とは言え、まだまだ油断は禁物です。
第二波は必ずある。
そう考えておく方が良いと思います。

それよりも気がかりなのは、
経済にとてつもない深刻なダメージを負ってしまった事です。

政府は不要不急の外出自粛を要請しましたが、これは末端需要を抑え込んだと言う事に他なりません。
一方で、末端需要に対応する業者に対して休業を要請し、補正予算を組んで給付金を支給すると宣言しました。

しかしながら、支給対象にならない人や生活を維持できる見通しが無いなどの理由で廃業や退学を選択せざる得ない人が続出しています。

そして、誰もが気付いたのです。

外出しなくても、できる仕事や、
お店に行かなくても楽しめる方法が
ある事に。

恐らく、奇跡的な幸運に恵まれ、
このままコロナ禍が終息しても、
末端需要が以前同様に回復するとは
思えません。

むしろ、
経済の収縮が誰の目にも明らかになると
思います。

新型コロナウィルスは日本経済の基礎疾患を直撃したのではないでしょうか。
坂川 津世司

保険のご相談は⇒FP保険の相談所
posted by ライフプロモーション at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: